歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。 麻央さんは「腕の血管には限界を感じていましたし、ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などあることを知り、タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めていました」と理由を説明。

そりゃ家が一番だよ病院も安心できるけど家族と一緒にいたいよね
病魔による身体の痛み、治療や措置への恐怖、現実に迫り来る死に対する恐れや不安、大切な家族と別れねばならない悲しみ、、、心身を貫く辛苦はいかばかりかと胸が痛みます。同時に、そうした中でも、こうして前向きに明るく振舞う強さを尊敬します。コメントを見ながら切に思うのは我が子にはせめて、人の喜びをともに喜び、人の悲しみをともに悲しむ、という人の道に沿った生き方をしてほしい。手術と書くから大げさになるのです。点滴をいつでも入れれるようにいわば入り口を作っただけです。知らない人が聞いたらびっくりするけどね
この人はやはりほとんど抗がん剤治療をしてこなかったんでしょうか?もししていれば割と早い段階で血管ポートの提案は病院側からされるはずなのですが…謎なことが多いです
癌患者です。人によるかも知れませんが、何度か抗ガン剤を受けるうちに、段々と点滴針が刺せなくなってきて、割と早い段階でポート手術は病院側から提案されました。病院内でもステージに関わらず、ポート設置している患者さんは沢山いらっしゃいます。先日の三分粥の話といい、正直、「今さら??」と驚く内容ばかりです。病院に問題があるのか、ご本人に問題があるのか第三者が推測するのは失礼かも知れませんが、こんな段階でと不思議に思わざるを得ません。いずれにしてもご本人が楽になるなら何よりです。